オスグッド病について

小学校高学年から中学校くらいの子供に好発するオスグッド病という病気をご存知でしょうか?当サイト”ひざの痛みとオスグッド病”では私の息子が経験したオスグッド病の症状や原因、ひざの痛みに対する治療、オスグッド病の予防方法や有効なストレッチ方法などオスグッド病に関する話題ををわかりやすくご紹介しています。

スポンサードリンク

オスグッド病の症状

子供のオスグッド病の症状ですが、うちの子供の場合小学校6年生のころ膝(ひざ)の痛みと膝下の腫れを認めるようになりました。膝蓋骨の下の部分がだんだん出っ張ってきて触ると痛がります。また、長時間ランニングしたときやジャンプしたときにズキッと痛みが走るとよく言いました。病院での説明では成長期の骨の伸びに対して筋肉の成長が追いついていかないこともひとつの原因とのこと。ジャンプなどで足を伸ばすときには太ももの大腿四頭筋が収縮するのですが、この大腿四頭筋と脛骨を結ぶ腱が膝下の脛骨結節に付着しており、この部分に引っ張られる力が加わることで骨や軟骨が剥離したり、変形したりして起こるのがオスグッド病の症状です。

膝(ひざ)の痛みとオスグッド病

成長期の子どもが膝(ひざ)や膝下の痛みを訴える場合、一般家庭ではよく成長痛という言葉で安易に捉えられる場合があります。しかし医学上、成長痛という病気はありません。成長期の子どもが足の痛みを訴える多くの場合、オスグッド病の可能性があります。成長痛だからと安心せず必ず整形外科を受診しましょう。特に注目すべき点は膝下の脛骨付け根の部分。この部分は脛骨結節と呼ばれ成長線が走る軟骨の豊富な部分です。ここが次第に腫れあがり痛みを訴えるような場合は早めの受診をおおすすめします。

オスグッド病の予防と治療法

オスグッド病の予防と治療には大腿の筋肉を柔軟にすることが有効です。そのためには、毎日のストレッチと運動前後のストレッチが欠かせません。筋肉が柔軟に伸びるようになれば脛骨結節の部分にかかる力が弱くなりますので症状の悪化を防ぐことが出来ます。しかし症状が悪化したオスグッド病の治療では運動制限と安静がとられ、変形が大きく痛みを伴う場合はサポーターやテーピングによる補助固定や変形した部分の骨を削る手術が行われることもあります。

オスグッド病に有効なストレッチ

オスグッド病に有効なストレッチ方法として大腿四頭筋を伸ばす方法があります。先述しましたようにジャンプやダッシュなどで大腿四頭筋が収縮するときに脛骨結節が筋肉や腱に引っ張られることでオスグッド病は起こりますので事前に大腿四頭筋をストレッチして柔軟な筋肉の状態にしておくことで脛骨結節部位にかかる力を軽減できます。ストレッチの方法としては真っ直ぐに立ち、右手で右足首を掴みます。左手は身体がふらつかないように柱や壁に添えておきます。この状態で右足首を斜め後ろ上方へゆっくりと引き上げていき、20秒間数えて下さい。終わったら左側も同じ要領で行います。この方法は大腿四頭筋を伸ばすのにとても有効です。

スポンサードリンク